人と組織研究所 気づきナビゲーター 高橋貞夫

ブログ

2019年5月 1日

人口減社会(ビジネスサプリメント722号)

新しい令和の時代が始まった。まず人口減社会を考えてみたい。

日経新聞によると、先日総務省が発表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人だったようだ。減少は8年連続、減少率は0,21で統計を取り始めた1950年以来、最大となったとある。また1年間の出生数から死亡者数を差し引いた人口の自然増減は42万4千人の減少。自然減は12年連続で高齢者の増加と出生数の減少が背景にある。年齢層別の割合を見ると、15歳未満の人口は全体の12、2%で過去最低となり、70歳以上は何と
20、7%と初めて20%を超えたようだ。労働の担い手となる15~64歳の「生産年齢人口」は51万2千人減の7545万1千人となり、総人口に占める割合は59,7%で、50年以来最低となったのである。まさに人手不足が成長の足かせとなりかねない実態が浮き彫りとなった。まさに少子高齢化時代そのものであるが、70歳以上が20%はいささか驚いた。そう団塊の世代の最後の方々は70歳を迎えるのだ。
知人の男性で60歳定年を迎えて、継続雇用をせずに他の企業に2年間在籍した方がおられたが、どうも自分が満足出来る仕事ではないとのことで辞められた。
気分を変えて事務職募集に応募されたが、何と4人の求人に25人の応募、
中高年者や女性の応募が多かったとかでNG、特にシニアでまだまだ力もあり仕事がしたい方は沢山おられるのだ。また現在女性で働いている方が50%を超えたらしい。
若者が少ない時代を迎えて、ますますシニアや女性の活用が喫緊の課題になってくるものと思われる。
映画「マイ・インターン」のロバート・デ・ニーロのような70歳代の「経験値」を活用しなければ生き残っていけない時が来ているのは言うまでもない。
最近のニュースだが厚労省も70歳以上も厚生年金加入を検討しているとの事。
AIやロボット技術の活用と共に、機械にとって代われない人間特有の能力を伸ばすことも大切であり、それは好奇心や共感、経験値から培われた社会性のスキルではないだろうか。まさに「経験や好奇心は色あせない」のである。
今ほど働き手と企業の双方の意識改革が求められる時はない。

2019/05/01 08:31

Entry Archive
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
お問い合わせ