人と組織研究所 気づきナビゲーター 高橋貞夫

ブログ

2019年10月 1日

一隅を照らす(ビジネスサプリメント727号)

ある解説によると「一隅(いちぐう)を照らす」という言葉は、伝教大師最澄の著書より出典されたものらしい。
4字熟語では「一燈照隅(いっとうしょうぐう)、万燈照国(ばんとうしょうこく)」ともいうようだ。
「最初は一隅を照らすような小さな灯火でも、その灯火が十、百、万と増えれば、国中を明るく照らすことになる」という意味がある。
身近な話では、自分のことばかりを考えて生活していると、他人への思いやりの心がなくなり、正しい人間生活を送ることが出来ない。
職場や家庭など自分自身が置かれたその場所で精一杯努力し、明るく光輝くことの出来る人こそ尊い。一人一人がそれぞれの持ち場で全力尽くすことによって社会全体が明るく照らされていくとあり、「人の痛みがわかる人」「人の喜びが素直に喜べる人」「人に対して優しさや思いやりが持てる心豊かな人」こそ、宝であると述べられている。
組織の仕事もこれと同じではないだろうか。一人一人の役割を全うし、それがより集まれば大きな光(成果)となるのである。「トップに立つ人は光輝いているだろうか?現場第一線の人達は光輝いているだろうか?あまりにも閉塞感が蔓延していないだろうか?」一度振り返ってみてみよう。個人個人でいろいろな思いや悩みがあるかも知れない。「今の自分の心の中の万燈は全て光輝いているだろうか?」
もし一燈が消えかかっていたら万燈が消えるかも知れない。
その時々で心の状態も違うのは当たり前である。一燈を灯すだけでも大変な努力がいるし、努力し続けないと光は消える。また強い「勇気」や「信念」が必要ではないだろうか。上杉鷹山ではないが「種火」は消してはならないし
「あきらめない・あせらない・あわてない・あなどらない・あてにしない」の5つの(あ)を忘れてはいけない。自分自身が光れば周りの人達も光輝くものだ。
「面白くない時も」「落ち込んでいる時も」絶対に一燈も消さず、努力を続けたら素晴らしい結果が出てくると確信する。

2019/10/01 08:43

Entry Archive
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
お問い合わせ